不動産投資ノウハウ

マンション経営

経営成功に向けたポイント

ワンルームマンション投資の性格

投資の考え方

「70%~80%の条件が満たされる投資対象を探すことができれば、90%~100%の満足感が得られる。」

立地条件が良く、安価な不動産はほとんどの場合存在せず、立地条件が良ければ価格もそれに応じて高くなります。
また、リスクが低いにも関わらず高利回り(高リターン)の物件もありません。

このように、投資を行うに際しては、リスクとリターンが基本的には相関関係にあることを念頭に置くべきです。
この点、ワンルームマンション投資は、利回り重視の投資ではなく、またリスク低減のための方策も多く存在しますので、リスクが比較的低い投資に分類されます。
そのため、ワンルームマンション投資は攻めの投資ではなく、守りの投資としての性格が強いといえます。

ワンルームマンション投資の付加価値

ワンルームマンション投資は、資産形成の手段としての性格をもち、保険機能、節税機能、インフレヘッジ機能など他の投資には無い様々なメリットが付随してきます。
そのため、ワンルームマンション投資を検討するにあたっては、利回りの視点だけではなく、他の付加価値も同時に獲得できる投資商品として考えるべきです。

手間のかからない投資

ワンルームマンション購入後の賃貸管理は、基本的にはすべて管理会社が行うため、オーナーは購入後の手間が掛からないことが特徴的です。
株式投資であれば、日々の値動きが気になり仕事が手につかない場合もあります。
また、アパートの大家は入居者の日々の動向、クレーム、家賃滞納への催促対応など、手間が掛かることが多く、副業で行うことは困難です。
この点、ワンルームマンション投資は、手間が掛からず、仕事をしながら副業で行うことができます。

ワンルームマンションの選び方

都心部中心

都心部の近く、人気沿線沿いの物件は可動率が高く、高需要がきたいできるため、値崩れが発生しにくいといえます。
knowhow-post-7-content-image-1

駅徒歩10分以内

駅からの距離が近ければ近いほど、稼働率が高く、高需要なため値崩れが発生しにくいといえます。
knowhow-post-7-content-image-2

充実した設備

宅配ボックスやオートロックシステム、室内乾燥機が付属してる物件は、安心して住めるため、需要の高い物件と言えます。
knowhow-post-7-content-image-3

新築・築浅

新築・築浅であればあるほど、修繕負担リスクを軽減でき、また不動産寿命も長いです。
knowhow-post-7-content-image-4

不動産会社の選び方

低金利でかつ優良な金融機関と連携している

ローンの返済額は月々の返済額に影響を与えますので、できる限り金利が低く、信憑性の高い金融機関を紹介してもらうことが重要です。

税金に詳しい

不動産は購入時、保有時、売却時、相続時と、常に税金がかかります。
できる限り正確な税金を計算してもらうことで、納税資金の対策を練ることができきます。

出口(相続・売却)までに相談に乗ってくれる

ワンルームマンション投資は基本的に保有しることで多くのメリットを享受できますが、相続が起こるタイミングや、売却を検討する場合には、所有不動産を手放すことになります。
このように投資の出口も選択肢の一つとして検討しておくことも戦略の一つであるため、親身なアドバイスが受けられる販売会社を選択することは重要です。

相続的なお付き合いができる

ワンルームマンション投資は、ライフプランニングを構成する一手段として存在するため、ご購入時のみのお付き合いではありません。その後の賃貸管理、税金、年金、保険、相続対策の相談など、さまざまなライフステージに合わせて気軽に相談できる関係を築けることが大切です。

PAGE TOP