サービス概要

投資用不動産販売

page-jacket-privacy

事業内容

ワンルームマンションを中心とした投資用不動産の販売をはじめお客様の不動産物件の賃貸管理、および不動産を所有することによる税金対策まで投資用不動産を通して、皆様の豊かなライフスタイルをトータル的にプラニングいたします。

マンション経営の4大メリット

将来の収入源として

公的年金収入だけでは賄えない将来の収入源を確保することができます。口ーン完済後、家賃収入はそのまま収入になリます。
また頭金を増やしたり、口ーンを加り上げ返済することで早期に収益を増やすこともできます。老後ゆとりある生活を過こすために私的年金としてのワンルーム投資に注目が集まっています。

万が一の備えとして

ローンで購入する場合には、どなた様も団体信用生命保陰(団信)に加入することになります。そのため万が一の時には生命保陰会社からローン残高の全額返済が行われるため、残高返済はなくなリご家族には安定した家賃収入を受け取る権利だけが残ります。

相続・節税対策として

相続税計算時の評価額を低くすることができます。現金保有時と比較し25%~50%の金額で評価されますので、相続税の節税効果が非常に高いです。
また、年度毎の減価償却費、ローン金年、固定資産税等が経費として計上できるため、不動産収入は黒字であっても不助産所得が計算上マイナスになることがあリます。不動産所得は給与所得と合算することができるため(損益通算)マイナス分が所得金額を滅少させ、税金が遣付または軽減される可能性があります。

安定収入・インフレ対策として

都心部のワンルームマンション一戸から得られる家賃収入は月9万~11万円が相場となっています。好立地の物件を購入すれば空室リスクを 低減でき、より安定的な収入を確保することができます。
少ない手間で利回り4%台を安定的に生み出せるワンルームマンション投資は非常に魁力的です。またインフレ状況下でも資産価値を維持できることやセカンドハウスとして利用できるなど、様々なメリットがあります。

PAGE TOP